ゆいの思うこと

小さい頃から変な子、不思議な子と言われ続けて早21年。そんな変な子が世の中について語ります。

3年付き合った恋人と

 

3年も付き合っていた恋人と昨年別れました。別れてから早数ヶ月。

未練はないものの、どうしても恋バナの話題になると思い出すことがある。

夢にまで出てくることがある。

 

でも今思えば、、

元恋人は私のことを3年も。3年も信じてくれてなかったんだなと心から確信できる。

 

よく「何で3年も付き合ってたのに別れちゃったの!?」と聞かれることがある。

理由をよく考えるがここ最近気付いた事があった。それは3年も私の事を信じてくれてなかったのだ。

この3年間半信半疑で私と付き合っていたのだった。

 

これを知った途端に簡単に別れる事が出来たよ。未練もクソもない。笑

 

もちろん元恋人にさり気なく口にしてみたり質問してみたりと聞いた事で、返ってきた答えが確かな物だった。

だから別れることが出来た。

 

その質問は何だったかって?

それは、ゆいちゃんに会うことが出来たとき教えてあげよう。

 

ゆいちゃんは間も無く有名になることでしょう。その頃にはブログも消えていると思います。

 

では、またどこかで。

 

 

「面倒くさい」は禁句

みなさんご無沙汰しております。こんばんは。

 

私は昔から「面倒くさい」という言葉が大嫌いです。

「面倒くさい」には二種類の意味があります(ゆい解釈 笑)。

 

一つは、やる事や行動が面倒くさい。

もう一つは、性格や人間性が面倒くさい。

 

私はどちらも嫌いなのですが後者をよく言われていたので、これを好きな人(loveでもlikeでも)から言われると一瞬で嫌いになることができます(笑)

ある意味私の特技です(笑)

後者の面倒くさいは、本当に言われるのはもちろん自分が関係なくてもそれを聞いていると大嫌いです。人そのものを否定しているからです。これを簡単に言える人ってきっと人生で他人から傷付けられた事がないんでしょうね。傷付けられた事がある人は言わないと思いますから。

嫌いな人から言われるのは、そりゃ相手が嫌いなので言われても何も問題ないです。笑

 

そして、前者の面倒くさいは人それぞれの主観なので言っても言わなくても良いですが、私は人が面倒くさいと言っている人を見ると真っ先に飛び付くタイプです。

人が面倒くさいと言っているのをやりたいんです(笑)

あ、やっぱり変わってますか?笑

 

でも面倒くさいんだったら、その人はやらないわけで、もしかしたら何かしらのチャンスがあるかもしれないわけです。だから私はその面倒くさいことに飛び付きます。

面倒くさいことって意外と楽しかったりするんですよ。

 

なので今このブログをご覧になった皆さん今日から「面倒くさい」は禁句ですよ(笑)。

人を傷付けてもいけないし、チャンスを逃してもいけないからです。

 

 

自分にとって必要な人

 

この前急きょ日本に帰る予定があり帰ってきましたが、今回はきちんと帰ってきました。ただいま。

 

本題です。

 

どんなときも支えてくれる人。

つらいことがあったら話しを聞いてくれる人。

そういう人がそばに居ないです。そして本当に心の底から私を理解してくれる人はいないのです。家族も恋人も本当の私を知りません。だから物凄く毎日がつらくて本当はずっとずっと生きづらかったです。でも誰もが自分は悲劇のヒロインになりたいので、私はそれを隠しています。今後も隠すつもりです。何でそうするかはわかりません。笑

 

どこかに素敵な王子様がいたらw

何でも理解し合える家庭を築きたいです。